Doll`s Houseをやってみた

mitsuonesu.exblog.jp

ヨーロピアンパレスを使ったジオラマ作成奮闘記

<   2007年 11月 ( 41 )   > この月の画像一覧

ラウンジ右扉の流用

本日カコキしてくれた するめいぬ さん。
ブログを見たら・・・書斎は渋く、まさに「書斎」って感じです。
あそこまで来たら、暖炉に火(照明)を入れて欲しいですね。ミミ(。。ヾミミ

実はこのブログ。私のジャパン・ギルド・ショーの情報仕入元でした。
ははは、世の中狭いもんだ。d=(^o^)=b
そりゃぁ、幕張メッセや東京ビック・サイトの規模に比べたら
日本最大のドール・ハウスのイベントって言ってもねぇ。
関係する人口密度の桁数が違いますって。

KIMURAに注文していた材料が届きました。
c0143347_0221550.jpg

丁度、週末。いータイミングです。
週末作業しなさいよ!ってことでしょうね、きっと。
来年3月に丸善・日本橋でやる「ミニチュアの世界」展の案内も
入っておりました。
せっかく、入れるなら割引券入れなさいって。

ってことで、週末の作業内容(ToDo)
1.テラスの高さ改修(書斎側、応接側)
2.ラウンジのフローリング(試練)
3.エントランスの回り縁
4.エントランス天井の穴埋め
5.外壁階段の補修完了

どれかを接着している間に、どれかを工作して、その次に色塗りやる。
という感じですね。
最低目標として、日曜日の夜には4迄を完了・・・出来れば良いなぁ。
c0143347_0223250.jpg

▲再び解体されたバルコニー・・・
c0143347_0224768.jpg

▲左が取り寄せた部品、右がパレス。
削り面はパレスとは比べ物にならない程、滑らか。でも太さが・・
c0143347_02333.jpg

▲高さ調整の為、パレスの柱を切断
c0143347_0232364.jpg

▲調整用の角材を中間に詰め込み。幅が12mmなので、残りはバルサで。
c0143347_0234254.jpg

▲仮に置いた結果です。スピンドルも9mm削ってあります。

さて、自分のハウスは施工者兼オーナーが円形ファン・ウィンドーに
メゲてラウンジのある階はダイニングを除いて全て出窓にする事になりました。
(まるで他人事)

その設計変更の影響を受けたパーツは以下の通りです。
1.ラウンジの右扉
2.ラウンジの右扉バルコニー
3.ラウンジの正面扉
4.ラウンジの正面バルコニー
5.キッチン右扉
6.ラウンジの右扉
7.ラウンジの右扉バルコニー
8.ラウンジの正面扉
9.ラウンジの正面バルコニー

あと、上には書いていませんが、出窓にした関係、というかラウンジや
キッチンに、パレスに標準で付いて来る「毛布?」みたいなカーテンは
不要(と勝手に思う)なのでレースのカーテン付け替え様と思っています。

5のキッチン右扉は、たぶんキットには付いて来るだろうとの予想です。
今の計画では、ダイニングとキッチンに扉は設けません。
さらに内窓を設けて、キッチンから食器等の手渡しが可能な作りにします。

そうなると、ダイニングとラウンジの通路扉ですが、下階のような扉では
温かみが感じられませんので、ラウンジ右扉をそのまま左扉に流用すること
にしました。

下階の書斎(つーか作業室)や応接室は密閉性を必要としますけど、キッチンや
ダイニング、ラウンジは密閉性を必要としませんから、いいかなぁ。
と、本職のリフォーム・アドバイザーから昔、聞いた覚えがある。
なんか・・・凄く現実的で夢がないですねぇ。(^-^;)
c0143347_0235820.jpg

外扉に比べて中扉は若干小さめ。
ですが高さは一緒っぽいので、明日、幅広げ工事をしちゃいましょう。
[PR]
by mitsuonesuke | 2007-11-30 23:20 | パレス 2階 | Trackback | Comments(4)

出窓の改修

このブログにも訪問してくれたことがあるさんが、リーメントの「第5回わたしの自慢ディスプレイ・ハウジング」で入賞されました。
おめでとうございます。(^-^)//

さんは食玩が中心ですが、ヨーロピアン・パレスも作成しています。
自分とはタイプが異なりますけど、ドール配置も考えていられるようです。

私の場合、ダイニングやキッチンに配置する食材やカップ。あと他の部屋のちょっとした小物は食玩を利用しようと考えています。
なんとなく、窓さんとは指向性が似通っているので親近感があります。

本業が忙しいそうで、なかなかパレスには関われないのが残念ですが、そのうち着手してくれるでしょう。
ダイニングに特大のビートルズ・パネル作ってお待ちしていますね。
では、こちらもフィギア+リーメント・プチで歓迎。( ^_^)/▼☆▼\(^_^ )
c0143347_22495546.jpg


さて、気になってはいたのですが、かめママさんのさりげないコメント
「この窓、開きますか?」でドキッと来ましたので改修に着手します。
(そこは聞いて欲しくなかった箇所なんですよぉ。Y(>_<、)Y)

まぁ、出来ないこともないかと着手して、改修時間がたったの15分
c0143347_22542695.jpg

はい、閉めて。
c0143347_22545113.jpg

はい、開けて。

つーても、改修つーほど手を加えていないですけどね。
単純にピン穴開けて、開閉可能にしただけです。(^。^;)
c0143347_2257353.jpg


上半分をハメ殺し固定にして、下を上スライド型にしようかとも
考えたのですが、真鍮棒とハンダを使った金属工作なら可能ですけど
正直、私の技術でそれを木工模型で実現するのはムリです。(`ヘ´)

まぁ、開閉可能となったわけで、これで良しとしましょう。
[PR]
by mitsuonesuke | 2007-11-29 22:59 | パレス 2階 | Trackback | Comments(11)

フィギア固定(その1)

弾力性のあるクッションにフィギアを固定させる方法。
これについて、まぁ、色々と考えたのですが・・・

ちと荒業ではありますが、従来と変わらない方法で固定させることに・・・(^^;;;
従来と言っても、これはプラモデル・ジオラマでの話。d=(^o^)=b

プラモデルの戦車に兵士を乗せたい場合、その兵士がリアルな動作をしていると展示中に転落?してしまいます。
そんな場合、戦車と兵士の足に虫ピン等で穴を開けて固定させます。(--)(__)

今回、立ち姿のフィギアにはこれを使うつもりでしたが、家具関係にはこうした方法は「出来れば」使いたくはありません。
だって、家具に穴あきますからねぇ。ヾ(>y<;)ノ

今回は椅子固定で、普通に見ればそう目立たないし、固定ピンも1mm程度ならいいか・・・
と自分勝手に妥協・・・したんですけど・・・

まったくダメ!

まず下の写真に4種類のネジが写っていますけど、今回使用してのはどれ?
c0143347_23231383.jpg


なんと、一番上の20mmネジです。
なーんでぇ?(・_・?)
と思うでしょうけど、でないと椅子を貫通してフィギアまで届かないのですね。
c0143347_23242166.jpg

ってことで2.5mmのドリル使って、ピンバイスで椅子にブスリ!(><)ノ
c0143347_23243722.jpg

んでもって、今度はフィギアを座らせて、椅子の下からフィギアに向かってブスリ!(><)ノ

結果はこんな感じになりました。
c0143347_2325319.jpg

右足は接面していますよ。(^-^;)
c0143347_23251768.jpg

右手はここまでが限界。('';)
なので後は右肘に切れ込みを入れて、関節を伸ばします。
今回の季節設定は夏なので、服は全部削らないといけないし。。
c0143347_23253223.jpg

横から見ると、しっかりボロが見えますね。(;^_^A
まぁ、週末でもホーム・センターでも行って、皿ネジ探すとしましょう。
[PR]
by mitsuonesuke | 2007-11-28 23:34 | フィギア | Trackback | Comments(3)
本日、届きましたけど・・・
41号の「エナールの屋敷」にはゲッ!
ですね。とにかくデカイって。
c0143347_23223455.jpg

確か「かんくろう」さんの作品も大きかったっけ。。

さて、ステップ・バイ・ステップは試練のフローリング・・・
し、しかも、このパターンは、どこかで見たことがある。
それも、ここ数日の間に・・・

でんでぶぅさんと、かめママさんのサイトでんがな。
こ、こ、これをやれってか!

でも、今日は無理。
こんな作業やってる体力ありません。

今日はフィギアの配置確認をやりまして・・・
なんか地下ガレージには誰もいなくなりそうだな。。(._.)
せっかく、ティレルP34を作って展示するというのに・・・(・・,)

さて、ダイニングに配置するフィギアなんですが。
一見すると、パッと見、上手くフィットしているように見えます。
(体と顔は別のフィギアなんで・・・一応)
c0143347_23232378.jpg

ですが、良く見ると、自分的には許せない箇所がありまして・・・(・_・ ) ( ・_・)

地に足がついておりません!

肘も肘掛に触れていません!
c0143347_23234410.jpg

原因は・・・
ソファのスポンジに弾力がある!

力を加えてあげると・・・
c0143347_2324235.jpg

うーん、ジャスト・フィット。\(^_^ ) ( ^_^)/

一般的なドール・ハウスですと、配置されているドールは足が床に
付いていないなんて当たり前にあるんですけど・・・
こーゆーのって、自分的には許せないわけですよ。

さて、どーしてくれようか。。
[PR]
by mitsuonesuke | 2007-11-27 23:28 | ヨーロピアン・パレス | Trackback | Comments(4)
童友社」から1/12の骨格恐竜模型でティラノサウルスが発売されますよぉ。
と車のプラモデルを買ったショップの店長からメールが入りました。

一瞬、グラッっときて「エントランスに飾ろうか。」とサイトをみてサイズを
確認したら・・・全長92cm、全高37cm、全幅27cmって・・・

パレスの同階3部屋と2階ブチ抜かないと入れないつーの!
c0143347_2381729.jpg


しかし、恐竜ってデカかったんですねぇ。
この模型、もし買ったとしたら博物館用のドール・ハウスを造らないと・・・
いや、出来ません。そんなスペースはもうありません。
でも・・・ベロキラプトルなら考えたかも。。_(^^)_

さて、本日の作業なんですが。
高さ改修をした食器棚なんですが、どーも見ていてイマイチ納得いかない。
そーなんですよ。足元が隙間だらけで、なんかスカスカ。
なもんで、足を撤去して5mmの材木を敷いてみました。
これで、もう少し高さも下がって同時に買ったラブロスのテーブルと一緒に
配置しても、まぁ・・・いいでしょう。(゚゚)(。。)
c0143347_2313358.jpg


さて、本題の天井なんですけどねぇ・・・
ステップ・バイ・ステップでは後でどうにかするので、一部分だけ
の接着で脱着可能にしておいてとありますけど・・・

なんか、凄く無理なくないっすか?((;◎_◎)
木材なんですから、プラみたいに、ひん曲げて「おりゃ!」って、
なんか「バキッ!」と逝きそうで(; °_°)

もう、ここまで来れば天井外して作業やる時は、覚悟するしかないか!
と天井を強行接着してしまいました。o(^▽^)o
もー外すこと出来ないよぉぉぉぉ。(-_-;)
c0143347_23124167.jpg


ここで失敗談!(´ー`)

実は、当ハウスはコテージなので「パレス(宮殿)じゃねぇーから、そんな回り縁なんていらねぇよ!」(-_-メ)
とパレスに付いていた、エントランスの回り縁(たぶん、石膏製で瞬間接着剤でないと、取り付けできないつー、しょーもない代物)を全部ゴミ箱にポイしていたわけです。
(/-_-)/━━━━━━○☆
しかも2週間も前に・・・Ψ(`∀´)Ψ

したら・・・
階段と天井におーきな隙間がぁぁぁ
うーん、構造設計のミスですかねぇ。(;^_^)/{(_ _)}
c0143347_2313376.jpg


な、もんで、ざーとらしく穴埋め。
ってなことやると汚くなるので、みみこさんから仕入れたネタで
KIMURAを検索してみると・・・

げ!スピンドルがこんなに種類あるじゃないっすか!w(°o°)w
これならテラスの高さ、細工出来ますよ。
モールディングがこんなに種類あるぅぅぅ。\(°o°;)

もー、みみこさん教えて下さいよ。( ̄3 ̄)
初心者なんですから、情報共有しましょうよ。
(つーか、そーゆ下調べすらしないで作業を進めている自分に呆れる。(^。^;)

ドール・ハウスをやるのに、つい10日前までKADOと北総レール
倶楽部という2ショップしか存在を知らないという、この情報調査力の鈍感さ。

KIMURAなんて・・・先々週の土曜日に知った名前ですって。
しかもショップが沼津にある?
土曜日に日帰りで富士まで車で往復したつーの!
とブツクサ画面の前で言いつつ、50mmスピンドルを2セット(24本)
とシーリングコニスAを3本注文。

うーん、これでエントランスの回り縁も出来ます。
[PR]
by mitsuonesuke | 2007-11-26 23:26 | パレス 1階 | Trackback | Comments(2)

ラウンジ右側の出窓作成

上階ラウンジの3面(右、床、背)の組み立てに着手。
ようやく、パレス本来?の工程に戻ってきたかなぁ。(・_・?)

上階の右(ラウンジ右壁)と左(キッチン左)はバルコニーでなく出窓にすることにしました。
これは、このブログでも書きましたけど、半円形のファン・ウィンドーは
もう嫌だ。つー理由と、本当にバルコニーにするなら、あの高さは現実的でないので手摺と脚を作り直さないといけませんね。

んなこと、出来るわけないっしょ。( ̄□ ̄;)
あたしゃ、初心者ですって。

左右のバルコニーは横長の出窓。
正面部分は縦長の出窓にしようと思っています。

パレスの完成予想ですと、ダイニングからも出れる感じに見えます。
これはそのまま残したい所ですね。
でも、狭いから奥行きを少し与えて上げたいなぁ。
せめて、人が二人ぐらい立っていれも、不自然でない位の広さにしたいです。

出窓は標準的な幅160cm型(11月13日参照)で、もう市販の出窓カタログを見ながら殆ど現物合わせですね。
実物が160cmってことは12縮尺で13cm。
左右の斜め部分を1.5cmとして、余りは10cm。
こうなると図面なんか必要なくなって、木材と直線定規だけでこんな感じになりました。
c0143347_20261849.jpg

フィギァを置いてみて。雷の夜!w(゚o゚)w
c0143347_20263084.jpg

高さ的にも、こんなものでしょう。
c0143347_20272041.jpg

これに屋根部分の塗装、透明プラ板の窓ガラスを入れて「お終い!」
と思ったら・・・

カーテン工作、この窓の寸法に合わせないといけないですね。(^_^;)
横幅広い訳だから、パレスに付いてくる材料は使えませんか・・・
[PR]
by mitsuonesuke | 2007-11-25 20:28 | パレス 2階 | Trackback | Comments(4)

食器棚の改修

今日はラブロスの食器棚改修ネタ。
このブログでも数回書いていますけど、とにかくデカイ!
12倍すると210cmという巨人サイズ。w(゚o゚)w

引き出しの大きさからして11か10。
たぶん11分の1というのが適当な解釈なんでしょうね。

写真で見て気づいた(またか!)点なんですが、食器を置く位置がフィギアの腰位置
で、なんかカウンターですねこりゃ。σ(^◇^;)
c0143347_23412645.jpg

改修ポイントはもう見るも明らかで、高さなんですけどそのカット位置に
なやんだ結果。
最上部を上の棚板位置までカットする。
という単純改修に決定しました。

細かく言うと、この棚板2mmちょいあって、12倍すると2cmちょい・・・
何置くんだよ!人が寝れるぞ!\(`o'")
鉄板焼きの板をのせるわけじゃあるまいし・・・

しかし・・・
これはドール・ハウス全般に言えることかも知れませんが、
たいがい見受けられるのは「食器棚」ではなく「食器飾り棚」ですね。
だって、普通の家庭では、お皿を立てて飾りませんって。(--)(__)

「いー仕事してますねぇ」って、お皿の品評会するわけでなし。
結果、それが食器棚を高くしている原因なんですね。

作業は例によって、側面板と天板を丁寧にペンチで挟んでグィっと・・・
(どこが丁寧だって!)
あとは、背板を高さに合わせて、ニッパでパッキン・パッキン。

で、天板を下げた結果、出来上がった食器棚はこんな感じです。
c0143347_23414088.jpg

今の構想ですと、パレスではエントランスから左右に階段が分岐しますが
当ハウスでは右の階段のみしかありません。
左側は天井を埋めてしまいますので、多少、ダイニングが広くなります。
その広くなった箇所に配置する予定です。

まぁ、コテージなんだし。食器が中にあるのも不自然な感じもするので
食器棚の中には適当に食玩でも置いておきましょうか。
[PR]
by mitsuonesuke | 2007-11-24 23:42 | パレス 2階 | Trackback | Comments(6)
最近、このヨーロピアン・パレスに欠落している箇所が何かわかってきましたね。

毎号付いてくるパーツを組み立てていけば、ロココ様式のドール・ハウスが組みあがる。
初めての人でも組み立てられる。

うん、それはそうなのですが、もっと基本的なこと忘れていないでしょうか?
それはドール・ハウスってそもそも何なの?
という基本概念。つーか文化。

自分みたいな鉄道模型やプラモデル(ミニタリー、車)から来たモデラーはまず「スケール最重視」で取り組もうとします。
また、ドール・ハウスなんて、本当に初めて。
という人も、ドール・ハウス=ミニチュァ=現実世界の縮小。と考えるのが人の常。
だから自分自身もそうでしたけど、パレスの掲示板にあるような
「そんな家あり得ない」とか
「こんな構造はない、自分ならこうする。」という自分構想正当論に発展するわけですよ。

折角、日本では第一人者と評判のある村上一昭氏が設計・指導をしてくれるわけです
から、模型はどう作ろうが自由にせよ、その文化というものはエッセイ欄でも新設して書いて欲しいものですね。

でないと、折角、こうしてドール・ハウスを着手したのに、文化を知らないまま自分の想定とズレたという理由で遠のいてしまう人も出てくるわけで、それは非常に残念ですよね。

てな前書きを書いて、今回の作業はライティングビューロー改修。

定期購読したは良いのですが、なんとなくヤル気が出なくて、ロフトに積み上げておいたのですが、5月の連休にヤル事なくなったので急に始めたのが今のパレス。
(いや、マイ・コテージ)

やる気になると、それなりの速度は出るのですが、そうなるとストックを早く片付けようとする意識が強くなって、出来などうでもよく、とにかく組み立ててしまえという気持ちになるものでして。そんでもって、あとで改修するハメになる。
ライティングビューローもその頃の作業で、組み立て最優先精神はモロ出ています。
c0143347_19512074.jpg

しかし、今となっては、その出来の悪さに腹立たしくなるものでして。
今の所、最大の家具改修はあの大型食器棚。
これは時間かかりそうだと、割と短時間で改修が完了しそうなライティングビューローから着手することにしました。

ライティングビューローって、小さな収納棚を備えた机のことだったんですね。
このパレスを始めて、色々な建築用語や家具用語を勉強させてもらいました。
敷居が高く、使うに悩んでいたCADソフトも使うことが出来るようになったし。
そうした意味では、それなりに収穫があるものです。

さて、最初に着眼したのが猫脚。
我が家にも猫(雄、たぶん5ヶ月)の「ゆー太」がおりますが・・・
c0143347_19514674.jpg

なるほど、猫脚って・・・良く言ったものですね。
が、直線思考の自分としては、こうゆう曲線は視覚的に受付が出来ません。
つーか、作るの面倒なだけでしょ!って自分で突っ込み。ヾ(- -;)

そんな訳(どんな?)で脚の改修とメクラ板を取り付け。
c0143347_19525464.jpg

次に・・・
中の不要(と勝手に思っている)仕切りを自分なりに撤去。
(手法は勝手に想像して下さいまし)

んで、出来た結果がこーでした。
c0143347_19531161.jpg

流石にレッド・ブラウンのツヤ消しでは古臭い民具にしか見えないから、クリアーを
塗ってそれなり?にツヤ出し。

食玩に付いていたノートPCとお馴染み、ガンダム・シードのフィギァを
組み合わせて、こんな感じ。
c0143347_19533165.jpg

c0143347_19534881.jpg

このライティングビューローは書斎に配置します。
書斎と扉を開けて、話し掛けている人物(フィギア)に応答しているというイメージですね。
[PR]
by mitsuonesuke | 2007-11-23 19:56 | パレス 1階 | Trackback | Comments(5)
長女が「マリーアントワネットのDVDなんて、ないよね?」と聞いてきたので
「あるよ。ほら。」と出してあげた。( ^o^)ノ

しかし・・・
レンタルして△○したけど、まだ一度も観ていない。(~。~;)~
つーか、基本的に巷で話題になったからレンタルしただけで、本人は観る気は
ノッケからナイ!d(ー.ー )

こんな感じで、「ぽすれん」から週12枚ペースで月平均48枚のDVDを
レンタルし始めてもう3年。
ライブラリーも結構な枚数になりましたけど、レンタルしたDVDの大半は、まだ△○した
まま自分は観ていないという状態。(=^-^)

まぁ、アニメやドラマをレンタルしているので家族には喜ばれていますけどね。( ̄^ ̄)

こっちはひたすら、自室に篭って。
家庭内引きこもりで今日も外壁階段の改修中。~~~\(`=´)

2個の外壁階段、荒加工が終了しました。
あとは細加工で彫刻刀とヤスリ使って削って、行き過ぎた分?を
モデリング・ペースト塗って修正ですね。
c0143347_07216.jpg

木目が削る目と一致しているので、ちょっと彫刻刀の刃入れ間違えると
削り過ぎが出てしまします。やれやれ。

しかし、モデリング・ペーストって非常に便利。
これ、自宅の修復にも使えなくない?(おい!ヾ(ーー ))
いやぁ、プラモのパテより、モデリング・ペーストの方が使いやすい。

ははは、ついネット(セブンイレブン)で注文してしまいました。
「ドールハウスのミニチュア小物 家具の本」
c0143347_064384.jpg

クリックした後で気づいたことなんですが・・・
自分の職場は神田・神保町
本の街だってこと・・・

欲しけりゃ10分歩けば手に入るわけですよ。まったく。。
[PR]
by mitsuonesuke | 2007-11-22 23:44 | パレス 地下 | Trackback | Comments(0)

バルコニーの片側撤去

宗形有理さんのサイトを見て・・・
いつぞやの元首相じゃないけどさ
感動した!
ぶったまげた!


でしか感想を書けませんって。

ある程度縮尺に拘っている所も大変同調。
人形を配置しているギャラリーも良かった。
ドール・ハウスのドールって本当のドールが多いのですが、ああした
リアル・ドール(つーかフィギア)を使っているので、個人的にまた同調。

まぁ、自分の場合、ヨーロピアン・パレスの作成が、縮尺同じだからって理由で
プラモとフィギァと食玩の置き場に変化していっているわけなんですが・・・

疑問・・・
師事した村上一昭氏って、パレスの設計者なんですよねぇ・・・
という事で本題。

1階左右にあるバルコニーの手摺一部を撤去しました。
(まぁ、どうやったかは伏せておきます)

既に、書斎側のバルコニーは先週撤去して、その部品はエントランス・ホールの踊り場に使用済み。
今回は導線の関係上、応接室(音楽室)からも地上に出れないと不自然ではないか?
との勝手な判断で応接室側の手摺も一部撤去となりました。
(見てくれだけの問題というのもありますけど・・・)

前々から、このバルコニーは狭くて、高さも全然足りなくないか?
と思ってはいました。
まったく、ドール・ハウスって・・・ブツクサ。

と思っていたんですけど・・・

今回、バルコニーということで調べてみたら、高さは低いですけど面積的にはそう狭い部類に入るわけでもなく、バルコニーという位置付けをするのであれば、この広さは実に適当なサイズであることがわかりました。
(でも、ブランケットは必要じゃないですか?と独り言)

うーん、日本家屋の発想とは違いますね。
いやぁ、パレスの掲示板に適当な発言しなくて良かった。(汗)
そー言えば映画「ロミオとジュリエット」でもそーだったな。
(ふるーい。って、観たのは2年前でレンタルDVDです。)

因みに、バルコニーに屋根が付くとベランダと名称変更されるそうで。
さらに、基本的に1階、つまり地上面に作られるのをテラス、2階以上に作られるのをバルコニーと言うそうです。
知ってました?知らなかったよぉ。。

しかし、どう控えめに見ても、高さという点では低くないでしょうかね?
だって、フィギアで膝位置ですよ。
考えるに、単純にドアノブの位置から割り出した位置ではないと・・・
外から見た時、バルコニーとノブのバランスが良いですからね。
手摺まで高さ45mmで12倍すると54cmですから・・・低いですね。
c0143347_22173920.jpg

写真のフィギア、掌位置が62mmぐらいです。
これだと12倍で74cm。
うん、なんとなくイケてる数字、というか、これぐらいは必要でしょう。
ヨーロピアン・パレスの縮尺っていったい・・・・(汗)

自分の場合、左に地下駐車場、右に地下スタジオを作ることになったので、キットの一階は文字通りの「1階」となりました。
(単に車やバイク、フィギァの配置に困っただけなんですけど・・・要するに無計画)

なので、当ハウスでは今後はバルコニーではなく、テラス・・・ですね。

こうなると、今一番気になっている地下の構成と高さが知りたいです。
[PR]
by mitsuonesuke | 2007-11-21 22:19 | パレス 1階 | Trackback | Comments(2)