人気ブログランキング |

Doll`s Houseをやってみた

mitsuonesu.exblog.jp

ヨーロピアンパレスを使ったジオラマ作成奮闘記

カテゴリ:住人達の愛車( 15 )

フェアレディって言うと、個人的にはTバールーフを実装したS130。
ブルメタ(マンハッタン)ってヤツ。
c0143347_153666.jpg


もちろん、2.8の2シーター
この 2.8 は L28 で直列6気筒。つまり SOHC です。
同じ時代に出ていたセリカXX、ソアラの 2.8 は 5MGEU で DOHC。
なのでノーマルではちょい負けますが、そこはそれ。
改造パーツ豊富なL型です。それに 5MGEU に比べてエンジン・ブロックの肉厚もある。
っで、これを 3.2 までボア・アップしてターボをボルト・オンするとね。

ブッ飛ぶわけですよ。

で、こっちも対抗してパワー・インジェクターやらニトロ装備して。
最後は第3京浜でエンジンがドカン・・・と逝った。>合掌

5MGEU は肉厚薄くてダメですよね。
それに DOHC はニトロと相性良くないし・・・

その S130 にフル・モデル・チェンジする前の型が S30。
あぁ、「フェアレディ」って名前は国内だけですよ。
アメリカでは「DATSUN」って言わないと通じません。
でそれがサファリ・ラリーに挑戦したわけです。
c0143347_16154.jpg


タミヤから「1/12 ビッグ・スケール・シリーズ」として出ていて、1/25のタイガーI型。
1/200 の日本模型の「戦艦大和」と同様。どこの模型屋でも「御本尊」的な扱いをされて
いました。今回、ドールハウスを使ったジオラマを作るにあたって、当初は車もバイクも
1、2台でいいや、ってのがこの性格なもんで手が広がって、このZもヤフオクで落とす
ことになって、まぁ。やったもんだ。
c0143347_164079.jpg


で車とかバイクとかのプラモ買って、悩むのがオーナー。
単純に作りたいって気もあるんですが、作ったあとはハウスのジオラマの一部になるわけ
ですから、当然、そこには住人がいて、住人の誰が乗っているか?

でこのZはこの二人の組み合わせとなりました。
c0143347_17777.jpg

運転席側がオーナーのカレン(左)。
助手席側がジュリア(右)。
二人とも205クラスの同期組。
c0143347_174234.jpg
c0143347_17563.jpg
c0143347_181563.jpg


一見、オーナーに意外性がありますが、これが案外的を得たりしている。
ま、その意味は今後のシナリオにて。
by mitsuonesuke | 2010-06-17 01:10 | 住人達の愛車 | Trackback | Comments(0)
最近、ドタバタとあっち行けだの、こっち行ってくれだの。
そもそも部外者になぜこー立会い依頼が来るのかと思っていたら、まぁ、そうか。

4月から看護必要度が、診療報酬改定の評価に導入されるわけで、その対応。

どーゆことかつーと。
今までは患者に対して7対1の看護師の頭数を確保するだけで良かったけど、
今度は、その患者の看護必要度も診療報酬に含まれるってこと。

つまり、転んでスリ傷作った患者と、複雑骨折した人の診療報酬同じじゃおかしいでしょ。
ってことですよ。

評価はどうなるかってーと。

1度:日常生活のみで自立、食餌療法のみ実施(1点)
2度:移動のみ介助、高齢で聴覚障害あり、軽度痴呆(2点)
3度:排泄、食事介助、チューブ管理、見当識障害(3点)
4度:食事以外全介助、隔離、牽引中(4点)
5度:全介助、手術当日、一時間毎の観察、鎮静剤使用(5点)
6度:全介助、意識混濁、モニター監視中、点滴ライン3本(6点)

1度の患者7人担当するのと、6度の患者7人担当するんじゃ、こりゃ診療報酬
が同じってのは不公平だよね。
でもさ、こうなると、また点数の取れない患者は早期退院、または受入拒否。
なんてことならないだろーか?

所詮は点数制なんですよねぇ。
7対1にしたって、空床数でなく在院稼動数ですからね。
だから100床あって、それに見合わせて7対1で看護師揃えたら、稼動が50床
だと赤になる。
すべて点数のご時世でおま。

こっちは・・・
救いの神が来たぁぁぁ

「なんちゃってパレス」(旧称)のタイピィさんから、バルコニー・パーツが
余っているとかで。

ぐはぁぁぁ、よかったぁ。

これでオリコン用のジオラマが作れる。
って・・・パレスはどーなってんだ?>沈黙

ヨーロピアン・パレスを改修しながら、ちゃーんと完成させた。
素晴らしい。
こっちは、まったくもって完成の目処がたってない。

完成するわけねーよ。で、自己分析。
プラモの車やバイク、でもってフィギアの改造、複製でしょ。
それにオリオン・モデルズの仲田模型道場入門でオリコンでしょ。
素直にパレスだけストレートに組み込んで入れば、今頃は・・・

って、そんなこと出来るわけないんだって。
素直に組むこと出来ないから、改修に走るわけですよ。
って、どーすりゃいーんだ???

まー、あれこれやってるだけココが続くってことなんですけどね。
早いよねぇ。もー3月も来週でお終いですよ。

4月に入れば、次女は直ぐ誕生日で花のセブンティーン。
ぷっ>意味はない。

で、先日出来たトランザム。
オーナ住人と一緒にご紹介。
c0143347_1262736.jpg

c0143347_1263879.jpg


こうやって見ると、やっぱアメ車ですね。
なんか「デカクする必要ねーだろ」ってのが感想です。

左のベンツ450SLC は 4500cc。
トランザムは 5000cc。排気量的には 500cc で軽自動車1台分。
決定的なのは馬力で450SLC が240だけど、トランザムは335。
これはトヨタの2000cc車1台並みの違いがありますね。

ちなみに・・・71年型のマスタング・マック1は 429CJラムエアの375馬力。
だから濡れた路面で日本車感覚でアクセルをベタ踏みで急加速させるとケツを
振ります。これは大陸横断中に街中で無意識にやってしまって怖い思いをした
ことがある。

ベンツは知りませんが、BMWの 635csi はそんなことはなく、出だしは重い
ですか 160km 過ぎた高速域から車が安定してきて、それこそ
いくらでも出せる
って感じでした。燃費は・・・アメ車とどっこいどっこいですよ。

でオーナのエルサで。
c0143347_1271371.jpg


ステラと一緒に。
c0143347_1272813.jpg
c0143347_1273427.jpg
c0143347_1273945.jpg
c0143347_1274337.jpg


この場面がシナリオに出てくるの・・・まだ記述してない。
by mitsuonesuke | 2010-03-25 12:10 | 住人達の愛車 | Trackback | Comments(4)
昨日完成したベンツ。
c0143347_1261490.jpg


青メタにしたのは、従妹と一緒にボストンからカリフォルニアのサンディエゴまで
マスタングのマック1を陸送(つまり大陸横断ね)やったとき、もー4日目のヘトヘト
状態で、その交差点曲がればってところで隣に並んだのが、青メタの450SLC。

その印象が強くてベンツ450SLC=青メタ。
って図式が自分の頭の中には出来上がっています。

フェンダーがボッコしたカマロやダッチ・チャレンジャーはもー幾度となく見てまして
「あれ、日本なら捕まるよ」と従妹に言っても「へぇ、なんで?走るのに関係ないでしょ」
ってアメリカ人らしい回答が帰ってくる。
ボッコの車でも「走ればいいや」のアメリカですが、ボッコのベンツやBMWは
見たことないですね。

このハウスジオラマには63名に住人が登場しますが、ベンツが似合うって言ったら
もーねぇ、この方しかいないでしょ。
住人達の中でもボス・キャラで、あだ名が「大佐」ことへレナさん。
c0143347_1263281.jpg


ここの住人さん達、男女の差はあれ、それぞれモデルとなる実在人物がいます。
会話数の多い程、付き合い度数が長く、しかも住人と同性です。
ヘレナの場合も例外にもれず。ちゃんとした実在モデルがいます。
c0143347_1264660.jpg


シナリオの中では「慰謝料ベンツ」とかセリフが出てきますが、それも現実の話。
ヘレナのモデルは結婚半年で離婚して、マンション、車、犬を手に入れました。
車はBMW、マンションは2DKと表記は小粒だけど、1部屋の大きさがデカイ。
で今は、それを元にマンションを大小4個所有して、それを賃貸して生活基盤としてます。
まぁ、それだけじゃ生活成り立たないので、パートも少々。
って言っても、賃貸料デカイですよ。

当初は「悪いのに引っかかった」と思って同情していましたが、なんか手際がいい。
どー考えても計画的にしか思えない。

まぁ、真相は本人しか知らないわけですが。
c0143347_127032.jpg


「慰謝料ベンツ」なる言葉は仲間内から自然と出た言葉で、当の本人も承知。
いーつか真相聞いてやろうと思ってる。
もーすぐ離婚して20年になるし、いー加減に時効でしょ。
by mitsuonesuke | 2010-01-26 12:09 | 住人達の愛車 | Trackback | Comments(6)
これは作ったの、本当につい最近。
のハズなんですが、あんまり印象にない。

というのも、これはヤフオクで勢いで落札したパターンです。
既に絶品扱いになているし、BMWのバイクはなかったし。
そーなりゃ手が出るってもんです。

で買ってみて・・・エンジンがゴツイ。
もう、この一言でしょう。

c0143347_1231615.jpg

c0143347_123262.jpg


コンパクトにエンジンまとめる。って感覚がない。
エンジン、出力最優先!
って意気込みが良く出ています。

オーナーは住人の中でも長身のライヤ。
最初はバイクも、ほんの2・3台程度にするつもりだったんで
ほいほいとオーナーが決まりましたけどね。

この K100 作る頃は、オーナーとどう組み合わせして、どうシナリオ
書いていくか?が悩みでした。
昔っから単純に、作ればいーんじゃない?ってのが出来なくて、作るには
最後にどうあるべきか?ってなこと一応は考えているんですよね。
by mitsuonesuke | 2009-07-17 12:03 | 住人達の愛車 | Trackback | Comments(2)
大型バイクばっかりじゃねぇ。
現実味ないよねぇ。
って、探して買ったのがコレ。

正直買ったは良いですけどね。
タミヤの感覚で想像していたら、もう7段目あたりから落ちた感じですね。
だって、エンジン細かく作るわけじゃないし、タイヤとハンドル作って
ボディ接着して「はい、お終い!」ですよ。ホント。

んま、スクターなんて、そんなもんでしょ。
と、やってみて思った。

しかし・・・プラモの値段が「スズキGSX 1100Sカタナ」より高いって。
なーんか納得いかん。

c0143347_21541797.jpg


発売の年代って問題もありますけどさぁ
ではオーナーのイリサと一緒に

c0143347_2154294.jpg

c0143347_21543825.jpg


そんでは
by mitsuonesuke | 2009-07-10 21:55 | 住人達の愛車 | Trackback | Comments(4)
イギリスで日本製(たぶん日立)の電車が走ったそーで。
蒸気機関車のお礼は高速鉄道ってか。

c0143347_23543186.jpg


デザイン的には681系(ほくほく線の「はくたか」)かな?

c0143347_23544639.jpg


ほくほく線も踏み切りが起点と終点にそれぞれ1箇所しかないから、もう在来線
では日本最高の160km運用やってますよね。
在来線で「高速進行」の(6灯式信号機)があるのって、ここだけ・・・だよね。

あれ???
イギリスって新幹線と同じ標準軌だよね。
うーん、さすがに500系やN700系売り込んだら引く・・・なぁ

日本にリニアなんかいらないからさ。
ロシアにでもリニア通しなって。
自分は・・・アメリカとロシアを陸路で横断しております!

で、アメリカは従姉弟と一緒に、マスタング・マック1でボストンからサンディエゴ。
ロシアは出張の帰り、まだソ連と言っていた頃で・・・一人旅。。
今思うと、良くやったと思いますよ。

いくら列車が好きでもね、モスクワ-ウラジオストック間9300キロを7日
で走る「急行ロシア号」は・・・つらいです。ほんと。
これは経験していないと理解出来ないと思いますけどね。

アメリカ横断は、2日目からはテンション下がったけど、自力で前に進んで
いるって感覚ありましたよ。ガソリン入れるのに、スタンド入るから、そこは
少なくとも人の手による開発が行われているわけだし、会話が発生するし。

ロシアなんてね。
この鉄道工事やった場所から10m先は、地球が出来て以来、まだ人が入って
いないんじゃないか?って所が至るところにあるわけですよ。
アメリカ横断は5000キロ、モスクワとウラジオは単純にその倍ですから。
1日に3回ほど長時間停車があって、外の空気吸えますけどね。
留置場から開放されたって気分ですよ。

留置場入ったことあるのか?
ありますよ、UAEで休日に路肩に座って人の流れを見ていただけで
警察に捕まって留置場に放り込まれた。

罪状は・・・
あの日本人は、俺の女房を色目を使って見ていた・・・

使うかアホッ!

目しか出してないんだから、みんな同じにみえらぁ!
そー言えば、仲田師匠はロシア行ってたんだよな。
あの人もかなりダーティな旅したっぽいけど。
また会う機会あるんだろーか。。

バイクのプラモを買って、それに見合うフィギアを割り当てする。
これが通常のパターンなんですが、これは違いました。

c0143347_23551385.jpg


そもそもコレは1階応接室(キットでは音楽室)の長椅子に寝転ぶ状態に良いなぁ。
ってことで買ったわけですが、シナリオ書いたり、バイク作っていくと、それぞれ
の住人達がどの車やバイクに乗ってココに来ているか?

そんなコト思い始めたわけです。
ってなると、この格好・・・って言うか、この服装に見合うのって・・・
車・・・だったら・・・うーん、マッド・マックスのインターセプター・・・

車って顔じゃないんだよな。
んじゃ、バイク・・・
この格好でレーシング・タイプは似合わないだろ。
こりゃーどーみたって、ロードだろ。
ロードタイプのバイク、皮ジャン・・・シュワちゃん、ターミネーター2
(3はどうでのいいみたいね。T2→TV版→T4なんだって)

c0143347_23552816.jpg


んなら、バイクはハーレー!
なんだけど、不思議なことに 1/12 でハレーは出ていない・・・なんで???

んじゃ、ハーレーに似たバイク、ってことであったのがロードスター
まぁ、YAMAHAもアメリカでハーレーに対抗出来るバイク。
ってことで出したみたいだし、なんとなく格好も似ているし、いーでしょ。

バイクは興味ないから、どこがどうって言われてもわからないし
わかる気もない。

c0143347_23554127.jpg
c0143347_2355483.jpg


感想から言うと、銀メッキが多いプラモだったなぁ。
が印象に残っています。

c0143347_2356267.jpg
c0143347_2356999.jpg


別体でバイクに腰掛けるヤツを作ってみようとは思っていますが
いつになるか・・・
by mitsuonesuke | 2009-06-19 23:59 | 住人達の愛車 | Trackback | Comments(2)
バイク編の6回目。これもタミヤの 1/12 シリーズ。
これは、アキバのヨドバ4で勢いで買った。
と言うか、「カワサキ ZZR1400」が出たので買いにいったら、まぁ、あるある。
欲しいものばっかで、まっさかコレは無いよねぇ。
もう発売から時間経過しているし、絶品だよねぇ。

と、思っていたら・・・あった。
コレはスポットどころか、いまだにライン生産されているらしいです。

c0143347_002448.jpg


自分で働いて、金稼ぐようになってからですけど、どうも1品買い。
ってのが出来ないです。
せっかく来たんだし、って感じで模型屋行くと、まず2品は買います。
これはプラモってわけではなく、プラモ+塗料とかね。

で、あるかなぁ、って探したら、しっかりあった。
もう、チャージした Suica 使って「お買い上げ、ありがとうございます」ですよ。

c0143347_003772.jpg


このバイクもライダー以外の人は、池沢さとしの漫画「街道レーサーGO」で主人公
の芥川剛が乗るRZ350とバトルするライバルの一人が乗っていたもの。
って印象が強いんじゃないかなぁ。
(と思った。この頃は少年ジャンプも買わなくなっていたので、良く覚えてません。)

c0143347_004920.jpg


作った感じは、フレームが細いなぁ。
ってのが印象に残ってます。
これは「カワサキ ZZR1400」を同時に買って、そっちを先に作ったからかも。

c0143347_005870.jpg


ハンドル周りもやっぱり初期シリーズの雰囲気を感じます。
なんつーか、最近のリリース作品に比べてキレがないってのーかな。
萌ぇ~、じゃなく、もわぁって感じ、でもバランス良く纏まっているのは、やっぱタミヤ。

c0143347_01785.jpg


オーナーのエルミ。
かなり古い段階、そう、パレスに手を出す前に、ウルトラ・シリーズの隊員に改造
しようと思って買っていたフィギアですけど、結局こうした使い道しかなかった。
by mitsuonesuke | 2009-06-05 23:59 | 住人達の愛車 | Trackback | Comments(2)
バイク編の5回目。
これは当初は買う予定なんかないバイクでした。

タレタンさんの所で「自衛隊で使っているバイクは VF750」って文字が見えた
ので、タミヤのサイトで発売されていたので「買ってみるか」って買ったもの。

とは言っても、これなかなか無かったプラモです。
乗っているオーナーさんに御幣がありますが、バイク乗りじゃないと知らない。
ってバイクじゃないかと。

パソコン使っている人でVFって言えば・・・
NEC PC-9801VF ・・・だろうな。
どーでもいーけど、このパソコン、CPUが8MHz、メモリが640KBですよ。
CPUはインテルと提訴問題が起きた、V30。
アキバでも見ないなぁ。

c0143347_17402517.jpg


4輪しか乗らなく、バイクに興味ない人でもホンダはCB、カワサキはKHって連想
が出来るぐらいホンダと言えばCB、ってイメージなもんで、VFなんて初めて聞いた
名前でした。
なもんだ、からどうか知りませんけど、どのショップも在庫ナシばっか。
ネットでどうにか「ホビー・ショップつぼい」で見つけた。
で、イメージしたのはコレ

c0143347_17403782.jpg


イラストに出ているのはドウカティですが、「当時」は買う気がなかったのと
シートの位置からフィギア改造に手間がかかると思ったので、このVF750でお茶
を濁したって感じです。

c0143347_17404990.jpg
c0143347_17405610.jpg
c0143347_1741299.jpg

c0143347_17411817.jpg


カラーはパッケージにあったものと同じなんですが、このカラーはタミヤの
オリジナルだそうで、正規のカラーではないそうです。
それなのに、コレに合わせてデカール入れて来るか?フツウ・・・

右手足がちゃんとした位置になっている。
当たり前なんですけど、バイクのプラモだと結構面倒な部分です。

ハンドル折れたりしますんで。
by mitsuonesuke | 2009-05-15 17:41 | 住人達の愛車 | Trackback | Comments(2)
清水由貴子さん、実母の介護に疲れたんですかね。
ほんと、高齢化社会ですね。

自宅の側に CB750F がありまして、その色が赤なんですよ。
冴えて良い色で、CBっていいなぁ。作ろうか・・・
でも、最初に作った CB750F を2代目を作るのはちょっと年齢的に元気ない。

いやね、自分のコレまでの経験から、買うだけ買って、その在庫量の多さにメゲて
最後はツンドクだけってパターンばかりなので、それは避けたい。

ならCBでも他のCBでタミヤから出ていれば、それでも作るか。
で、購入したのがコレ。
別名:スーパー・ブラック・バード

c0143347_21255750.jpg
c0143347_2126484.jpg
c0143347_21261177.jpg
c0143347_21261755.jpg


名前に惚れますね。
コレは実車に乗ってるオーナーさんが、時々ココ見てるの知ってるから、ヘタな事は書けない。
という遠慮はナシで、いい。

ただね、しょーじきな所ね。
作り終わった後に、ホンダらしく(CBらしく)ないバイクって気がしたことは確か。
デザイン的には文句なんてナシですよ。でも、最初に CB750F を作ってホンダらしさを感じたから
そのインパクトが強すぎたのかもしれません。

なんか他社と変わりねぇなぁ。

と正直思いました。
山中勲さん、すみません。
なせにバイクの良さがプラモでしか判断出来ないもので・・・

製造は1996年~2007年までで、最高速度は実測で300km/hよりちょい下。
なので発売当時は世界最速の量産バイクでしたけど、この後にこのジオラマにも登場する
スズキのGSX1300Rハヤブサ、2000年にはつい先ごろ完成したカワサキのニンジャZX-12R が
登場してその座を奪われますけど、やっぱ最高速のトップ・バッターです。

2008年からのEURO3義務化や日本や他国の新排出ガス規制がなかったら、まだまだ生産は
続いていたと言うから、埋もれるには惜しいバイクです。

今、GSX1300Rハヤブサ、ニンジャZX-12Rを手がけてわかったんですが・・・
このクラスのバイクを運転出来る免許を持ったとしたら。
まずコレ買いますね。

先にホンダらしくない、というはあくまで CB750F と比べてであって、GSX1300R、ZX-12R
CBR1100XX から一台選ぶとしたら、コレ選びます。

c0143347_21263529.jpg


キット的にはシリーズNoで70。
先の BMW K100 が36なので、金型技術的にもかなり進歩しています。

一応ですけどね。
オーナーの住人については、ほんと、一応ですけど考えてはいるんですよ。
まぁ、おっとりした人がバイク乗ってはダメとかって法律はないですけどね。

ここで CBR1100XX のオーナーにカイヤを選んだのも、なんとなく、そーゆーイメージ。
てんですかね。

c0143347_21264772.jpg

c0143347_2126566.jpg


そんでは。
by mitsuonesuke | 2009-04-22 21:28 | 住人達の愛車 | Trackback | Comments(0)
神保町で仕事していて、近くに模型屋がないかと探して、見つけたのがオリオン・モデルズ。
その時は神保町の三省堂ビルの8階にあって、まだ仲田師匠とは顔合わせはして
いませんでしたけど、近々に今の水道橋に移転ってことで、店内全て、表示価格
より3割引。ってセールをやっていた時に見つけたのがコレ。

c0143347_22221159.jpg


このお店。ミニタリーしかないねぇ。
つまらん。と、ミニタリー系の専門店だってこと知ったのは、また先の話。

いわば「掘り出し物」に該当するこのバイク。
当然、当初は購入予定に無かったもので、見つけたから買ったってノリ。
だから、買ったけど、どーすっか?
作ったもの、配置しないと不自然。つーか、気分的にしっくり来ない。

って、ことで言わば、その実車の持つ名誉とは程遠く、住人ピカイチのボケ・キャラこと
レイヤに与えられたバイクになったわけで。
こんなハズじゃ、なかった・・・

c0143347_22222840.jpg


CB900F2 は CB750F のボア・アップ版でこちらもカスタム・パーツが豊富に揃っています。
この形は81年にフルカウル装着タイプのCB900F2。
フルカウルも今のバイクとは違って、どちらかって言うと「仮面ライダー」のサイクロン号
に近いものがありますね。

c0143347_22224312.jpg

c0143347_22225169.jpg


逆に、このカウルの形が原因で、配置出来るフィギアがレイヤしかなかった。
そして、配置場所は書斎前庭しかない。
という台所事情もあります。

c0143347_2223163.jpg


フルカウルの影響でかなり場所面積を占領するもんで、これを地下駐輪場に置くと他のバイク
集団を置けなくなるという、まったくの無計画の表れ。

CB900F2 で検索かけて閲覧しているライダーの方、申し訳ないです。
by mitsuonesuke | 2009-03-17 22:23 | 住人達の愛車 | Trackback | Comments(2)