人気ブログランキング |

Doll`s Houseをやってみた

mitsuonesu.exblog.jp

ヨーロピアンパレスを使ったジオラマ作成奮闘記

カテゴリ:旅行記:東北2019( 20 )

旅行記:東北2019(19)

東北2019の第4日目
c0143347_23560569.jpg
新潟を出て、渋滞というストレスを避ける為、磐越自動車道路をひたすら上り。
郡山JCTで東北道にはいかず、いわきで常磐道に接続。
c0143347_23562770.jpg
c0143347_23563545.jpg
途中のSAはもう入場渋滞。
で、朝方、ホテル隣のコンビニで買ったおにぎりを食べたのは湯ノ岳PA。
SAって、設備が整っていますが、それだけ混雑。
PAでもトイレと自販機程度しかない所は、こうしたシーズンでも穴場。
c0143347_23565460.jpg
ここ「中郷」はSAだけあって、かなり混雑。
常磐道を上り、往路同様、三郷JCTから外環道に入り、高谷JCTから湾岸線を走り
本牧に到達した時点で高速を出て一般道で帰宅。
メーターはこの通り。
c0143347_23593197.jpg
4日で 1600km。
単純に一日 400km となりますが、やはり一番は初日と4日目。
AE110 では一日 400km を超えると、肩こりが酷かったですが、GRS200 は全く感じず。
初日の断続で 533 km でも体調的には全く余裕でした。

やっぱ長距離は大型の方が楽。

ってことですか。


by mitsuonesuke | 2019-05-28 11:55 | 旅行記:東北2019 | Trackback | Comments(0)

旅行記:東北2019(18)

東北2019の第4日目
c0143347_23494395.jpg
この日は「令和」が始まり、新聞のトップ。
c0143347_23495709.jpg
ホテルでの朝食。
c0143347_23500786.jpg
c0143347_23501140.jpg
食事場所は SUPER HOTEL は小さめ。
それより、ちょい大きいのがルート・イン。

で、それより上がホテルディアモント新潟西。

種類もルート・イン並みになって、場所が広いのでゆっくり出来る。
今年一月に行った伊藤園ホテル熱海館は、一人、というかテーブルそのものが小さいから
隣で他の客と接触の可能性がありましたが、ここはソレがない。

って、ソレがフツーなんでしょーけど、安宿の旅しかしていないと、ソレをフツーとは
思っていない。

ホテルを出て、フロントに置かれていた新潟マップで「ん?」

ここは新津が近くじゃないか!
鉄道資料館がある。


ってことで、ちょい予定を変更して「新津鉄道資料館」に向かいます。
新津っていえば、鉄道の町だってこと、忘れてた。

ホテルから車で40分。
ナビがちょい一般道路を走りたがったもんで、時間かかったけど到着。
正面玄関には 200系 と C57。
c0143347_23503856.jpg
新津車両所の敷地脇に所在した、新潟鉄道病院・新津分室の廃止に伴い、国鉄OBや
鉄道ファンが中心となって設立された資料館。
c0143347_23504906.jpg
c0143347_23505355.jpg
c0143347_23505615.jpg
c0143347_23512060.jpg
まぁ、3月に京都鉄博をみていますら、それと比べるとかなりのスケールダウンですが
設置の経緯を知れば、そりゃーもっとだ。つー感じ。

まー、個人収集をかなり「派手」にした感じ。
と書けばスケールは伝わるか。
c0143347_23523100.jpg
c0143347_23523841.jpg
c0143347_23524232.jpg
この自動販売機・・・懐かしい。
c0143347_23530025.jpg
入場料は 300 円ですから・・・
一通りみて帰途につく途中で思い出した。
c0143347_23521477.jpg
反対側の静態保存車両を見るの忘れた!
115系やE4系があるんだよぉ!


まぁ、いいか。
by mitsuonesuke | 2019-05-27 12:49 | 旅行記:東北2019 | Trackback | Comments(4)

旅行記:東北2019(17)

東北2019の第3日目。
c0143347_23154277.jpg
新潟での夕食はアピタ(ユニー系大型スーパー)にある「れすとらん四六時中」。
c0143347_23165553.jpg
c0143347_23165926.jpg
駅前まで出ると、駐車場料金かかるし、こうした大型スーパーなら駐車場は無料。
「れすとらん四六時中」ならイオンハートだし、外れもなし。

新潟は97年頃に、出張で来て新潟駅近くのラーメン屋でラーメンと餃子を食べたのですが
その時、接待で食べたイワシが旨かった。

ホテルに戻ったのですが、このホテル・・・圧迫感がない、広い。
c0143347_23171853.jpg
部屋全体も広く、天井が幾分高い。
駐車場は、お隣。
立体駐車場で出入り自由。
c0143347_23173473.jpg
この3泊の中では「一番」の宿でした。



by mitsuonesuke | 2019-05-26 12:15 | 旅行記:東北2019 | Trackback | Comments(0)

旅行記:東北2019(16)

東北2019の第3日目。
c0143347_00342130.jpg
「庄内映画村オープンセット」を出て最終目的地の新潟に向かうのですが・・・
周辺はこんな感じの場所です。
c0143347_23101958.jpg
c0143347_23102560.jpg
船着場の跡。
c0143347_23110456.jpg
昨夜、夕食で利用した「和風レストランまるまつ 鶴岡店」と同じ敷地内にある
「マクドナルド 鶴岡IZMO店」で昼食。
c0143347_23111507.jpg
c0143347_23111957.jpg
本当は地元店の「滝太郎」にも行きたかったのですが、昨夜も和食だし。と遠慮。
食後は、その「滝太郎」の前にあるエスモールに車を停めて、地元土産を物色。
c0143347_23113228.jpg
一般道と高速を使って新潟に向かったわけですが、それなりに車は流れてはいますが、
やはり時期が時期だけに、車の物量は多いらしく、「道の駅 あつみ」はかなりの混雑。
c0143347_23114599.jpg
c0143347_23115230.jpg
普段、交通量は少ないでしょうけど、せめて信号機付けてくれませんかね?
設置に金かかるでしょうけど、信号機に慣れている人間にとって左右確認の割り込みって
タイミングがむずいわけですよ。

で、「水曜どうでしょう」(だるま屋ウィリー事件)を起こした勝木は通らず、国道7号線
を通り、村上から高速に乗り、新潟に到着。
なんか、久々に見る都会っぽい風景に感動。

3日目の宿は「ホテルディアモント新潟西」
c0143347_23121136.jpg
c0143347_23121619.jpg
「ルートイン」も対象になっていましたが、やはりココも値段で選びました。
がぁ、結果、今回使ったホテルの中では一番良かった。と思っております。

ホテルディアモントは系列を含め、新潟に3館ある地元の宿。

ホテルディアモント新潟・・・
 駐車場が提携で別料金(800円)。

ホテルディアモント新潟西・・・
 駐車場が立体で無料。

宿泊はどちらも同じで、2名で 13160 円。
なら、駐車場無料で出入り自由を選ぶでしょ。
これが電車移動なら関係ありませんが、なにしろ移動は全て車なものですから、駐車場の
有無、有料・無料は宿選びに大きく影響します。

ここもコンビニがすぐ隣。



by mitsuonesuke | 2019-05-25 12:06 | 旅行記:東北2019 | Trackback | Comments(0)

旅行記:東北2019(15)

東北2019の第3日目。
「庄内映画村オープンセット」の片方の端?「風のエリア」
c0143347_22202142.jpg
c0143347_22201781.jpg
このオープンセットではなんか別世界。
ジプリっぽいけど「勇者ヨシヒコシリーズ」で使われているとか。
c0143347_22204305.jpg
c0143347_22205192.jpg
c0143347_22205601.jpg
「勇者ヨシヒコシリーズ」って何?

「庄内映画村オープンセット」の滞在時間は凡そ2時間。
最後に、資料館を見てセットを後にしました。

太秦映画村が 2200 円で江戸の町セットや、恐竜、美空ひばり資料館。
c0143347_22212146.jpg
こっちは、なーんもないオープンセットで 1300 円。
個人的には太秦よりこっちの方が、見ごたえありました。



by mitsuonesuke | 2019-05-23 12:15 | 旅行記:東北2019 | Trackback | Comments(0)

旅行記:東北2019(14)

東北2019の第3日目。
c0143347_00342130.jpg
「庄内映画村オープンセット」再度エントランスに戻りちょっと外に出る。
c0143347_22103555.jpg
とここは「サムライマラソン」で使われたセットでした。
c0143347_22104471.jpg
c0143347_22112143.jpg
こーゆーセットを見ると、映画を観たくなる。
エントランスを左手にみて、今度は「農村エリア」。
c0143347_22114734.jpg
[
「おしん」の家もあります。
c0143347_22132396.jpg
c0143347_22132952.jpg
c0143347_22133437.jpg
ここは「殿、利息でござる」で 羽生結弦 が登場したセット。
セットにしては、この庄屋の作りは本格的。
c0143347_22121374.jpg
c0143347_22121756.jpg
「農村エリア」に行く前に、燃やされたセットもありました。
黒澤明も「乱」では城を燃やしましたし、映画って金かかる。
c0143347_22123891.jpg
c0143347_22124124.jpg
「農村エリア」を通過して「漁村エリア」。
山奥なのに、なぜが塩の臭いを感じる。
が、映画のセットなので、正面はちゃんとしていますが、裏はこんな感じ。
c0143347_22140778.jpg
c0143347_22141288.jpg
やっぱ、映画のセットです。

by mitsuonesuke | 2019-05-22 12:27 | 旅行記:東北2019 | Trackback | Comments(0)

旅行記:東北2019(13)

東北2019の第3日目。
c0143347_23581705.jpg
「庄内映画村オープンセット」の戦国大手門エリアにある大手門。
NHK大河ドラマ『風林火山』『江』や映画『のぼうの城』などのロケ地・山梨県北杜市に
あった旧風林火山館から2011年に移築されたものらしい。
c0143347_00180947.jpg
c0143347_00181992.jpg
c0143347_00182315.jpg
c0143347_00183482.jpg
牢屋に何者?
c0143347_00185658.jpg
c0143347_00190001.jpg
「えさし 藤原の郷」も立派なものでしたね。
c0143347_00191622.jpg
途中にこんなのあるんです。
c0143347_00194415.jpg
c0143347_00194938.jpg
c0143347_00195778.jpg
うーん、わかる人にしかわからん。
因みに・・・わかりません。


by mitsuonesuke | 2019-05-21 12:10 | 旅行記:東北2019 | Trackback | Comments(2)

旅行記:東北2019(12)

東北2019の第3日目。
c0143347_23581705.jpg
「庄内映画村オープンセット」を山間集落エリアから宿場町エリアに移動。
ここは「十三人の刺客(2010版)」の最後の合戦場面を撮影した場所。
c0143347_00011173.jpg
c0143347_00014632.jpg
c0143347_00013017.jpg
c0143347_00014194.jpg
c0143347_00020341.jpg
c0143347_00020811.jpg
c0143347_00022014.jpg
これだけあっても、黒澤明の「蜘蛛の巣城」や「乱」にはかなわない。
一体、あの監督はどれだけセットにつぎこんだのだろう。
c0143347_00073258.jpg
c0143347_00074074.jpg
このセットを見たら、再び「十三人の刺客(2010版)」を観たくなった。
ついでに片岡千恵蔵版も観てみよう。
by mitsuonesuke | 2019-05-20 11:57 | 旅行記:東北2019 | Trackback | Comments(0)

旅行記:東北2019(11)

東北2019の第3日目。
c0143347_23421147.jpg
「スーパーホテル山形・鶴岡」の朝食。
c0143347_23422747.jpg
種類は少ないですが、ここの売りは

・湯の瀬の湯
・朝食には庄内の銘米「つや姫」

食堂はちょい狭いですが・・・あとパンが美味しい。

ホテルを出て、今回の旅で楽しみにしていた場所に向かいます。
今回のお目当ては
c0143347_23425584.jpg
庄内映画村オープンセット

もう、市内から「まじこっち?」つーぐらい山の中に入っていきます。
たんとナビには出ているので、案内は間違いないのでしょうが、やっぱナビを信じていない
世代人としては、走れば走るほど不安。
だけど、ついた。
c0143347_23431138.jpg
駐車場は無料で、第3ぐらいまでありますので駐車に不安はありませんがぁ。
とーぜん舗装はされておりません。
なんたって、ロケ地ですから。

入口にあるのは「おくりびと」で使われた銭湯を移転してきたもの。
c0143347_23433506.jpg
入場料は 1300 円ですが、それを高いか安いかを判断するのは個人の価値観。
敷地内は端から端まで約2km、ってことでツアーバスが出ていますが、このバスがねぇ。

車検切れで、もらい受けしてきたんでしょ。
つーぐらいの路線バスの、最後の姿。
c0143347_23442549.jpg
c0143347_23435568.jpg
c0143347_23435987.jpg
ってヤツで「よく走っている」としか思えない。
これで乗り放題で 400 円は・・・足も悪くないし、徒歩移動を選択。
c0143347_23444937.jpg
エントランスを通過して、最初に向かったのが山間集落エリア。
ロケ地ですから、途中にあるトイレもこれ。
手洗いもタンク。
c0143347_23451429.jpg
山間集落エリアにある「おしん」の家。
c0143347_23453174.jpg
c0143347_23453697.jpg
c0143347_23454039.jpg
c0143347_23454398.jpg
ここから庄内平野が見下ろせます。
それだけ、山の上、ということ。
c0143347_23461264.jpg
これだけ雪が残っているんですから。
by mitsuonesuke | 2019-05-19 12:34 | 旅行記:東北2019 | Trackback | Comments(0)

旅行記:東北2019(10)

東北2019の第2日目。
c0143347_23194425.jpg
「スーパーホテル山形・鶴岡」は朝食のみなので、夕食は地元・・・というか関東以北で
チェーンしている和食系ファミレスの「和風レストランまるまつ 鶴岡店」に。
c0143347_23202295.jpg
関東でも栃木、茨城にはありますが、そこから南下はまだ。
定食と牛タン頼んだりして。

ちなみに、ここでのお勧めは豆腐です。
自前で作っている豆腐なので、味が濃いし、歯ごたえありました。

本当は「スシロー」に行きたかったのですが、「平成最後の日」ということもあり、
TVでも「最後の日に食べたいのはスシ」と視聴者アンケートがあったらしく、順番待ちで
長蛇の列。

並んでまで食べる必要はない。

ってことで「まるまつ」に入りましたが、こっちで良かった。
いや、席はそこそこ空席あるし、メニューもいーですしねぇ。
by mitsuonesuke | 2019-05-18 12:05 | 旅行記:東北2019 | Trackback | Comments(0)