Doll`s Houseをやってみた

mitsuonesu.exblog.jp

ヨーロピアンパレスを使ったジオラマ作成奮闘記

カテゴリ:旅行記:長岡と立山室堂平( 9 )

長岡と立山室堂平(8)

日帰りツアーが終わったって、朝の集合場所である新富交通の駐車場に戻ってきたのが
午後4時半ちょい過ぎ。
c0143347_23454581.jpg
この日帰りツアーは1名5700円。
有料道路がバス一台で5万円。
この日のバスはガイドのカウントによると42名(子供は幾人か忘れた)
単純に、バス代が1300円。
それに、ガス代と運転手とガイドの人件費。
まぁ、妥当な金額なのでしょう。

ちょっと早いですが、帰りにSAの、それこそ運送費上乗せの食事するのはイヤなので
地元のファミレス「洋食だんらんや」で夕食。
c0143347_23460251.jpg
c0143347_23455899.jpg
c0143347_23460783.jpg
時間も時間なので、まだ混雑はなし。
ハンバーグも、うん、そこそこ良かったです。
c0143347_23462690.jpg
帰りもクルコン使って、94kmで自動走行。
富山を出る前に給油してきたのですが、戻ったときの燃費は

16.4km

でした。
ははは、GRS200 でこの数字はすげぇ。
見た時、トリップが壊れたのかと思った。

今回の走行距離は1泊2日で1000キロちょいでした。
これから書く「奈良・大阪」も大凡、そんな距離でしょう。



[PR]
by mitsuonesuke | 2018-05-22 11:45 | 旅行記:長岡と立山室堂平 | Trackback | Comments(0)

長岡と立山室堂平(7)

今年の「雪の大谷」は最高点が16mということで、昨年よりも低いですが、関東南の
人間から見れば、この高さには驚かされる。
c0143347_23383121.jpg
c0143347_23383591.jpg
c0143347_23383951.jpg
c0143347_23384369.jpg
ここでも支那人がたーくさん。
c0143347_23391111.jpg
c0143347_23391736.jpg
この積雪はとーぜん一気ではなく、昨年11月からの積り、積もった結果なのですが
途中でボランティアのガイドさんの説明。
c0143347_23393885.jpg
c0143347_23394251.jpg
c0143347_23394726.jpg
部分的に黒い雪の箇所があり、これが「黄砂」で降った雪。
この高さでも、雪をそのまま溶かして飲むことは危険。
ということです。

ターミナルにはホテルもあって、ソバ屋もあったのですが。
c0143347_23400699.jpg
c0143347_23400959.jpg
とても食べる気にはなれない。
バスに戻って、朝、ホテルを出てから立ち寄ったコンビニで買ったお握りで朝食でしたが
買ったパン、気圧の関係で袋が膨れております。
c0143347_23402303.jpg
ここは物価が高いです。
まぁ、理由はとーぜん運び賃。
この水、ここで買うと・・・
c0143347_23403748.jpg
250円です。

飲み物や食べ物は、出発する前に買っておくのがベスト。

帰りに寄った称名滝。
c0143347_23410423.jpg
落差日本一ってコトなんですが、道路が5月2日でなければ開通出来ないということで
途中まで行って望遠で撮影。
ここは美女平・立山高原ルートの料金所外なので、一般車も乗り入れ可能なのですが
ここでも 500ml のペプシが

200円です。

ウチの近所のイオンで買えば、78円だって。


[PR]
by mitsuonesuke | 2018-05-21 13:37 | 旅行記:長岡と立山室堂平 | Trackback | Comments(0)

長岡と立山室堂平(6)

今回のホテルは富山ICのもーお隣。
「朝食のみ」で、一人7000円だったかな。
c0143347_23512972.jpg
c0143347_23511859.jpg
c0143347_23521981.jpg
ホテルの「朝食」はバイキング形式。
チェックインのとき

中国の団体が来ますので
大浴場は21時から22時まで使用禁止


夕食食べて、帰って来た後は支那語が飛び交っていたな。
だけど、支那の団体は朝食、食べたのか食べていないのか、こっちが朝食食べに行く頃には
もうバスもなく出て行った後らしい。

朝食はバイキングなので、つい、こーなる。
c0143347_23531914.jpg
c0143347_23532596.jpg
朝食食べて行ったのが、「日帰りツアー 雪の大谷」で、まずは集合場所である、新富交通
の駐車場に車を駐車。
c0143347_23534383.jpg
c0143347_23534700.jpg
ツアーは「雪の大谷」だけで大型バス4台。
それ以外にも、ココを出発点としたツアーが出ているみたいで、駐車場は満車。
殆どが「富山」ナンバーですが、足立・相模・大阪といった地方ナンバーもちらほら。
c0143347_23540743.jpg
バスが出て、途中「ドライブイン 立山あるぺん村」で休憩。
c0143347_23542051.jpg
その後、美女平・立山高原ルートを登っていくわけですが、一般乗用車は通行禁止。
通れるのはバスのみ、なのですが
c0143347_23544951.jpg
この料金は何!

桁を確認しましたが、間違いない。
10m以上の雪掻きやるんだから、その手間賃って所でしょう。

で、登っていったのが 室堂ターミナル。
この時期(4月29日)から6月までしか見れない「雪の大谷」でございます。
c0143347_23551310.jpg
すげぇ。


[PR]
by mitsuonesuke | 2018-05-20 11:44 | 旅行記:長岡と立山室堂平 | Trackback | Comments(0)

長岡と立山室堂平(5)

昨日より奈良経由で大阪に来ております。
奈良は行ったのは初めて。
鹿しか記憶にない。。
c0143347_21321613.jpg
なーんたって、中学と高校が鎌倉なもんで、修学旅行まで来て、寺を見る必要なし。
という意見で中学は5泊6日で東北。高校は4泊5日で沖縄が修学旅行でございました。
大阪も私事では来たのは初めて。
c0143347_21323849.jpg
なんばグランド花月

詳しくはまた。

で富山で泊まったホテルは「朝食のみ」なので、夕食は近くの居酒屋・・・
昼はランチで、夜は居酒屋・・・という触れ込みの「市場亭」
c0143347_23404905.jpg
c0143347_23422237.jpg
c0143347_23423154.jpg
市場つーとね。
個人的には「四代目 柳亭市馬」でございます。
c0143347_23420951.jpg
皆さん、夜だから「居酒屋」やっているのかと思いや。
大半の方は「夕食」で「居酒屋」はお隣の座敷で飲んでいる女子会4人組だけでした。
c0143347_23424685.jpg
c0143347_23425130.jpg
地元では昼食のサラリーマンで重宝されているらしく、張り紙には

ランチはサラリーマン優先
店が狭いので、長居はご遠慮願います。
スマホ、タブレットの操作は禁止


いーお店だ。
c0143347_23431741.jpg
地元の刺身に冷奴追加(100円増し)

うん、沼津とはまた、違った味。
[PR]
by mitsuonesuke | 2018-05-19 10:37 | 旅行記:長岡と立山室堂平 | Trackback | Comments(0)

長岡と立山室堂平(4)

長岡は豪雪地帯。
なので、冬の雪を解かす。
いわゆる融雪になーにを撒いているのか知りませんが、歩道や道路がこんな感じ。
c0143347_23305827.jpg
さっすが、山本五十六さんの出身地。
地酒もほら。
c0143347_23323680.jpg
20年以上前、新潟市に出張に来たことがあって、その時、昼食で御馳走してもらったのが

へぎそば

そばのつなぎに布海苔という海藻を使った蕎麦。
新潟来たら、これは食べないと。
つーので昼食で行ったのが

越後長岡小嶋屋
CoCoLo長岡店
c0143347_23334531.jpg
本店まで行く気合いはなかったもんで。
c0143347_23335924.jpg
この盛り方。
へぎそばはやっぱり、この盛り方でなくては。
ちなみに、ふつーの盛りもあります。
c0143347_23342742.jpg
食後に行ったのが、山本五十六も通ったと言われる「川西屋 本店」。
もう昔ながらの作りで、店に入っても店主が奥で饅頭作っているもんで、なかなか出てこない。
c0143347_23344300.jpg
名物・・・かどーか知りませんが「塩饅頭」とふつーの「酒饅頭」を買いました。
c0143347_23351255.jpg
c0143347_23360992.jpg
店主がくれた「山本五十六の好んだ、食べ方」という紙。
c0143347_23345544.jpg
うーん、饅頭溶かして、砂糖ブッこんで食べる。
・・・雪がねーとできねーな。
だが、最近の雪は危険だから・・・これは後で説明。

高速のPAで食べましたが・・・

塩饅頭は・・・
マジで塩味しかしません。
[PR]
by mitsuonesuke | 2018-05-18 12:31 | 旅行記:長岡と立山室堂平 | Trackback | Comments(0)

長岡と立山室堂平(3)

ドールハウス カドーからすんげぇメールが届いた。

火災全焼のため休業のお知らせ

カドー商会からのご案内です

いつも大変お世話になっております。
カドー商会でございます。

5/15の明け方に商品を保管しております倉庫の隣から出火したとの連絡を受けました。

消火活動のため全商品が水浸しになり、現在警察が現場検証をおこなうため立ち入り禁止とされております。
現場の様子からして、しばらくは出荷ができない状態であると判断したため休業のお知らせとなりました。

皆さまにご利用して頂き、これから新商品を!と思っていた矢先にこのようなご報告をお詫び致します。

商品をお届けできる目途がたちましたらまた改めてご連絡をさせて頂きます。

またお目にかかれる日を楽しみにしております。

今まで本当にありがとうございました。
ミニチュア、ドールハウスの楽しみをこれからも続けてください。

良い季節になりましたがご自愛くださいませ。
ありがとうございました。

カドー商会 スタッフ一同

・・・おい、おだやかでねーなぁ。全焼かい。

空襲でないことは、確かだ・・・>おい

お次は「山本五十六記念館」。
こちらも館内撮影は禁止です。
c0143347_23202829.jpg
中には山本五十六の小学校での通知表。
個人的な手紙。
慰問でもらった日本人形「真珠湾」

なんと言っても圧巻なのか、館内の中央にでぇーんと展示されている、戦死時に登場していた
一式陸攻機の片翼。

これ、写真撮りたかった。
入場料は500円。
駐車場は5台程度ですが、あります。

そこから歩いて10分もかからぬ所にある「山本記念公園」
c0143347_23204552.jpg
ここには山本五十六の銅像(バストモデル)があり
c0143347_23205796.jpg
道沿いには、復元された生家。
c0143347_23213873.jpg
中は自由にはいれます。
昔ながらの作りで、階段は急。
それは、もう何回も旧家というは見学しているので驚かないのですがぁ。
驚いたのは
c0143347_23222330.jpg
2階の天井の低さ。

身長 170cm 以上の人は、天井に注意しないと頭ぶつけます。
中には公園にある銅像のベースになったと思われる、石膏像が。
c0143347_23225352.jpg
この復元された生家にも、写真や資料が展示されていて、その大部分は「山本五十六記念館」と
ダブっています。

こちらは無料。
でもって、駐車場はなし。
[PR]
by mitsuonesuke | 2018-05-17 13:17 | 旅行記:長岡と立山室堂平 | Trackback | Comments(0)

長岡と立山室堂平(2)

長岡と言えばねぇ。
とーぜん
c0143347_23142070.jpg
山本五十六

なのですがぁ。
-->って、生まれ故郷ですから。

その前に、調べていたら長岡で昭和20年8月に空襲があったことを知ったので、その
戦災資料館にまずは行ってきました。
c0143347_23145340.jpg
料金は無料ですが、生憎と中での撮影は禁止。
B29がここまで来れたのか?
中国から飛び立って、空襲に来たのか?
と思っていたら、空襲経路図もちゃんとあった、サイパンから飛来したそーで。

へぇ、B29 って、それだけ航続距離、あるんだ。
つーより、名古屋と大阪上空から入って、北上して長岡爆撃するという。
新潟は原爆の投下予定にもなっていたらしく、そのデモ飛行で爆撃したらしい。
長岡は2回爆撃にあっていて、初回は爆弾1発のみですが、2回目の空襲は町の8割が
消失するという被害。

空襲後の被害状況を再現した模型、担当職員から渡された焼夷弾模型等もあります。
3階は、その当時、子供だった方々が描いた、空襲被害の絵が展示されていて『火垂るの墓』を
見ている感じ。

長岡市は「この空襲を忘れない」という強いもの。感じました。


[PR]
by mitsuonesuke | 2018-05-16 12:13 | 旅行記:長岡と立山室堂平 | Trackback | Comments(2)

長岡と立山室堂平(1)

4月28日と29日に行った、長岡と立山室堂平の旅行記おば。
出発は午前4時。
c0143347_21390181.jpg
新潟長岡まで
んな遠くねーだろ。


つーことになりますが、何せ出発日が4月28日。
世間で言うところの、GWの初日ですんで、ふつーに行ったのでは渋滞に巻き込まれる。
なので、それを避けるつーことで、この時間。

目的地の長岡は関越道。
で、この関越道には高坂SA近辺、あとは駒寄PAという渋滞ポイントがある。
渋滞開始の発生時間は、二箇所とも午前6時頃から始まる。

んじゃ、駒寄PAを午前6時前に通過

ってことで、逆算すると出発は午前4時。
横浜町田から乗って、厚木から圏央道で北上し、鶴ヶ島から関越道に入って赤城高原SA。
入場は午前6時半前。
c0143347_21391995.jpg
ここで朝食、及び1時間程度の居眠り。
この早朝入場は良かったみたいで、SAを出る時は、SA入場待ちの車で渋滞が発生。
赤城高原SAのベーカリー「ぽるとがる」で売っていたパン。
c0143347_21393232.jpg
c0143347_21400775.jpg
うーん、パンに味噌を塗っただけなんだが。
[PR]
by mitsuonesuke | 2018-05-15 12:38 | 旅行記:長岡と立山室堂平 | Trackback | Comments(0)

長岡と立山室堂平(0)

4月は新潟長岡と立山室堂平です。
世間ではGWってことで、本当は1週前に行きたかったのですが、立山室堂平がその期間は
日帰りツアーをやっていない。
c0143347_17133011.jpg
まぁ、日本中からツアーで来るのだから、日程調整しねーとダメだもんな。
つーことで、GW渋滞を避ける為、朝4時に出発。
渋滞に接することなく、クルコン使った走行で燃費も良好。
c0143347_17134708.jpg
16.3なんて、AE110 並みですって。
詳しくは、また。


[PR]
by mitsuonesuke | 2018-04-28 17:14 | 旅行記:長岡と立山室堂平 | Trackback | Comments(0)