人気ブログランキング |

Doll`s Houseをやってみた

mitsuonesu.exblog.jp

ヨーロピアンパレスを使ったジオラマ作成奮闘記

カテゴリ:旅行記:寅さん記念館( 1 )

寅さん記念館

新聞屋が「寅さん記念館」のタダ券くれたので柴又まで出かけた。
駐車場(柴又公園駐車広場)が開くのが朝7時半、ってことで9時入場目指して出発。

浅草のさらに西ですからね。
横浜の住民からすると「外地」もいーとこですよ。
荒川超えて、目の前は江戸川ですから・・・その先は千葉。

第9作か第11作のオープニングで、寅さんがこの川べりでラジコン飛行機をいじっている
場面があるのですが、そのラジコンを操縦していたのは「大船科学教材社」(現:鎌倉ホビー館)
のオーナー(当時)と常連さん。
「大船科学教材社」に行った時(まだ小学生)に、ショーケースにその写真、たくさんありました。
c0143347_19495951.jpg

c0143347_19491543.jpg

c0143347_1951361.jpg

記念館の中には「とらや」のセットが、松竹大船撮影所から移設されてきています。
おもわず「大船、撮影所と同じぃ」とボヤいてしまいました。

つーのは、小学校の後半から平成2年まで鎌倉北部、つまり大船まで徒歩15分つー所に
住んでいたわけで、松竹大船撮影所は良く、中を見学させてもらいまして。
「男はつらいよ」のとらやの内部セットなんぞは良く見ていました。

その大船撮影所からあるいて10分位かな。
[柴又帝釈天の御前様]こと笠智衆さんの自宅があって、表札もそのまんま「笠智衆」でした。
その隣が車仲間の家で、よく撮影所に向かう(と思われる)笠智衆に出くわしたもんです。

あぁ、こんにちはぁ

って、声かけてもらった時の声。
思い出しますね。

「寅さん記念館」の隣は「山田洋次ミュージアム」ってーのがありまして。
最近オープンしたらしいですが、隣が「寅さん」ですしね。
山田洋次監督の出身地(大阪府豊中市)でなきゃ、葛飾柴又以外にオープンして集客見込める
所ないでしょうね。

岐阜県恵那市の日本大正村も、歴代村長である高峰三枝子、司葉子の映画記念館っぽいのが
あったし・・・3代目は義娘である相田翔子がなるのであろーか?
若干、期待。
c0143347_19522790.jpg

「とらや」の草だんご・・・
と期待していたのですが、事前に調べたら「製造所工事の為、6月から販売休止」というので残念。
まぁ、映画の中でも寅さんが。

団子なんて、どこ行っても食えるよ

と言っていたのですが、やはり折角「とらや」に来たら、食べたかった。
で食べたのは「高木屋老舗」の団子セット。
c0143347_19512671.jpg

帰り・・・と言っても昼時なんですが、スカイツリーの近場を通って、新御徒町を経由し上野へ。
オリオン新御徒町店舗の後、今はどーなっているのだろう。
オーラム・・・はっきり言って、借り賃高いでしょ。
昼食は上野「大江戸」の回転寿司

・・・さすがに通じゃないもんで・・・「みなとや」は精神的に敷居高い。
で、上野・御徒町と言えば、コレでしょ。
c0143347_19514062.jpg

「多慶屋」寄らないで御徒町来たことにはなりません。
買いました、今回もたんまり。

次に来るのは、年末のオリオン模競の日だろうな。
by mitsuonesuke | 2014-09-06 19:53 | 旅行記:寅さん記念館 | Trackback | Comments(2)