人気ブログランキング |

Doll`s Houseをやってみた

mitsuonesu.exblog.jp

ヨーロピアンパレスを使ったジオラマ作成奮闘記

2019年 06月 11日 ( 1 )

実際の「宇宙飛行士候補生の選抜試験」でも使用される閉鎖環境適応訓練設備。
この中に5人程度で数日、一歩たりとも出ることなく皆と過ごすワケ。
c0143347_23215502.jpg
c0143347_23220117.jpg
c0143347_23220523.jpg
c0143347_23220918.jpg
時々「有人閉鎖環境滞在試験」という名目でバイト募集もやっていますので、興味のある
方は参加してみてはいかがでしょう。

訓練棟を出て、次に案内されたのが管制棟。
ここで人工衛星の管制を行っています。
60人体制でもち24時間、365日
管制室は窓超しに見るだけで、写真撮影は禁止。
なので、見学室に入る前に携帯やデジカメを預けます。

管制室の見学も人数が限られているので、もう片方は玄関周辺で待ち。
この宇宙服、何とかデザイン賞を取ったらしいですが、実用性は全くなし。
c0143347_23231003.jpg
c0143347_23231578.jpg
歴代、宇宙飛行士の皆様。
c0143347_23234011.jpg
c0143347_23234690.jpg
c0143347_23235017.jpg
500円の有料ツアーで、実際に見るのは教育棟と管制棟のごく一部。
ツアー時間は広報・情報棟での映像説明から始まって、ぜんぶで70分ちょい。

これが期待値にあっているか、ハズレか?
というのは個人的な問題で・・・こんなもんでしょ。

JAXA の採用面接だって、つくば宇宙センターを細々とは案内されないし、実際に JAXA の
職員になっても、この施設内で自分の知る範囲というのは限られます。

全部見て、解説されてどーすんの?
ってことで JAXA を後に。
c0143347_23241455.jpg
c0143347_23241825.jpg
今度はちゃんと昼食だけ食べにいきますか。


by mitsuonesuke | 2019-06-11 12:21 | 旅行記:JAXAと成田 | Trackback | Comments(0)