Doll`s Houseをやってみた

mitsuonesu.exblog.jp

ヨーロピアンパレスを使ったジオラマ作成奮闘記

旅行記:碓氷峠と鉄道博物館(8)

碓氷峠鉄道文化むら 野外展示場・ビュー広場

スニ308 の後ろは キハ20 467。
キハ17系の後継車となった一般気動車の代表格。
まぁ、101系の気動車版ってゆーのだろーか。
c0143347_18272675.jpg
その隣が キハ35 901
これを見ると、非電化時代の相模線を思い出します。
なんたって、茅ヶ崎から出ている路線で、ドアを手で開けるなんて。
横須賀線を使用している者としては、信じられない車輛だった。
c0143347_18311594.jpg
DD53 1
除雪速度が 10km という超鈍足の DD14 に変わって投入された除雪用DD。
そりゃーねぇ、DD14 は 入れ替え用の DD13 をベースにしているんだから、鈍足も無理もない。
DD53 は非電化幹線用の主力 DD51 の動力ユニットを使っているのだから、そりゃー速度も出る。
c0143347_18314111.jpg
c0143347_18314583.jpg
c0143347_18314958.jpg
DD53 と引っ付いていたのは橋桁架設専用の事業用貨車 ソ300。
ディーゼルエンジンを搭載していて、自走可能なのですが、分類は貨車。
c0143347_18321304.jpg
c0143347_18322126.jpg
c0143347_18322579.jpg
隣にあったのが DD53 の元になっている DD51 1
これは第1次試作型で、後に出来上がってくる量産型とは屋根の形状が異なるヤツ。
c0143347_18324396.jpg
その後ろは 荷物気動車の キニ58 1。
この車輛好きなんですけどね。
c0143347_18325409.jpg
この手の鉄道施設って、どこも野外が多いのが仕方ないのですが、やはり野外展示による
表面塗装の経年劣化が気になります。
c0143347_18330655.jpg
定期的に修繕塗装出来ないもんですかね。
[PR]
トラックバックURL : https://mitsuonesu.exblog.jp/tb/29770897
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by mitsuonesuke | 2018-10-06 12:24 | 旅行記:碓氷峠と鉄道博物館 | Trackback | Comments(0)