Doll`s Houseをやってみた

mitsuonesu.exblog.jp

ヨーロピアンパレスを使ったジオラマ作成奮闘記

長岡と立山室堂平(2)

長岡と言えばねぇ。
とーぜん
c0143347_23142070.jpg
山本五十六

なのですがぁ。
-->って、生まれ故郷ですから。

その前に、調べていたら長岡で昭和20年8月に空襲があったことを知ったので、その
戦災資料館にまずは行ってきました。
c0143347_23145340.jpg
料金は無料ですが、生憎と中での撮影は禁止。
B29がここまで来れたのか?
中国から飛び立って、空襲に来たのか?
と思っていたら、空襲経路図もちゃんとあった、サイパンから飛来したそーで。

へぇ、B29 って、それだけ航続距離、あるんだ。
つーより、名古屋と大阪上空から入って、北上して長岡爆撃するという。
新潟は原爆の投下予定にもなっていたらしく、そのデモ飛行で爆撃したらしい。
長岡は2回爆撃にあっていて、初回は爆弾1発のみですが、2回目の空襲は町の8割が
消失するという被害。

空襲後の被害状況を再現した模型、担当職員から渡された焼夷弾模型等もあります。
3階は、その当時、子供だった方々が描いた、空襲被害の絵が展示されていて『火垂るの墓』を
見ている感じ。

長岡市は「この空襲を忘れない」という強いもの。感じました。


[PR]
トラックバックURL : https://mitsuonesu.exblog.jp/tb/29486426
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ぴーすけ at 2018-05-16 20:20 x
うちのお袋はその頃9歳で新潟市内に住んでたようですが、空が真っ赤になってたのを覚えてるって言ってました
50km以上離れてるんですが、灯火管制で空は暗かったでしょうから見えたんでしょうね
そんな景色だけは見たくありませんねぇ
Commented by KIN at 2018-05-16 23:53 x
ぴーすけさん。
空襲後の町全体模型があったのですが、ほんと。
一握りのコンクリート建物が残っているだけ。
残っていると言っても、崩れなかっただけ。

8割というか、もう、あれを見れば「全損」という感想ですよ。
これだけ燃えたのだから、新潟からでも、じゅーぶん空が染まったんでしょうね。
by mitsuonesuke | 2018-05-16 12:13 | 旅行記:長岡と立山室堂平 | Trackback | Comments(2)