人気ブログランキング |

Doll`s Houseをやってみた

mitsuonesu.exblog.jp

ヨーロピアンパレスを使ったジオラマ作成奮闘記

旅行記:東北2019(12)

東北2019の第3日目。
c0143347_23581705.jpg
「庄内映画村オープンセット」を山間集落エリアから宿場町エリアに移動。
ここは「十三人の刺客(2010版)」の最後の合戦場面を撮影した場所。
c0143347_00011173.jpg
c0143347_00014632.jpg
c0143347_00013017.jpg
c0143347_00014194.jpg
c0143347_00020341.jpg
c0143347_00020811.jpg
c0143347_00022014.jpg
これだけあっても、黒澤明の「蜘蛛の巣城」や「乱」にはかなわない。
一体、あの監督はどれだけセットにつぎこんだのだろう。
c0143347_00073258.jpg
c0143347_00074074.jpg
このセットを見たら、再び「十三人の刺客(2010版)」を観たくなった。
ついでに片岡千恵蔵版も観てみよう。
# by mitsuonesuke | 2019-05-20 11:57 | 旅行記:東北2019 | Trackback | Comments(0)

旅行記:東北2019(11)

東北2019の第3日目。
c0143347_23421147.jpg
「スーパーホテル山形・鶴岡」の朝食。
c0143347_23422747.jpg
種類は少ないですが、ここの売りは

・湯の瀬の湯
・朝食には庄内の銘米「つや姫」

食堂はちょい狭いですが・・・あとパンが美味しい。

ホテルを出て、今回の旅で楽しみにしていた場所に向かいます。
今回のお目当ては
c0143347_23425584.jpg
庄内映画村オープンセット

もう、市内から「まじこっち?」つーぐらい山の中に入っていきます。
たんとナビには出ているので、案内は間違いないのでしょうが、やっぱナビを信じていない
世代人としては、走れば走るほど不安。
だけど、ついた。
c0143347_23431138.jpg
駐車場は無料で、第3ぐらいまでありますので駐車に不安はありませんがぁ。
とーぜん舗装はされておりません。
なんたって、ロケ地ですから。

入口にあるのは「おくりびと」で使われた銭湯を移転してきたもの。
c0143347_23433506.jpg
入場料は 1300 円ですが、それを高いか安いかを判断するのは個人の価値観。
敷地内は端から端まで約2km、ってことでツアーバスが出ていますが、このバスがねぇ。

車検切れで、もらい受けしてきたんでしょ。
つーぐらいの路線バスの、最後の姿。
c0143347_23442549.jpg
c0143347_23435568.jpg
c0143347_23435987.jpg
ってヤツで「よく走っている」としか思えない。
これで乗り放題で 400 円は・・・足も悪くないし、徒歩移動を選択。
c0143347_23444937.jpg
エントランスを通過して、最初に向かったのが山間集落エリア。
ロケ地ですから、途中にあるトイレもこれ。
手洗いもタンク。
c0143347_23451429.jpg
山間集落エリアにある「おしん」の家。
c0143347_23453174.jpg
c0143347_23453697.jpg
c0143347_23454039.jpg
c0143347_23454398.jpg
ここから庄内平野が見下ろせます。
それだけ、山の上、ということ。
c0143347_23461264.jpg
これだけ雪が残っているんですから。
# by mitsuonesuke | 2019-05-19 12:34 | 旅行記:東北2019 | Trackback | Comments(0)

旅行記:東北2019(10)

東北2019の第2日目。
c0143347_23194425.jpg
「スーパーホテル山形・鶴岡」は朝食のみなので、夕食は地元・・・というか関東以北で
チェーンしている和食系ファミレスの「和風レストランまるまつ 鶴岡店」に。
c0143347_23202295.jpg
関東でも栃木、茨城にはありますが、そこから南下はまだ。
定食と牛タン頼んだりして。

ちなみに、ここでのお勧めは豆腐です。
自前で作っている豆腐なので、味が濃いし、歯ごたえありました。

本当は「スシロー」に行きたかったのですが、「平成最後の日」ということもあり、
TVでも「最後の日に食べたいのはスシ」と視聴者アンケートがあったらしく、順番待ちで
長蛇の列。

並んでまで食べる必要はない。

ってことで「まるまつ」に入りましたが、こっちで良かった。
いや、席はそこそこ空席あるし、メニューもいーですしねぇ。
# by mitsuonesuke | 2019-05-18 12:05 | 旅行記:東北2019 | Trackback | Comments(0)

旅行記:東北2019(9)

東北2019の第2日目。
c0143347_20191686.jpg
「庄内映画村(株) 資料館」なのですが、ここは令和元年12月1日をもって閉館です。
c0143347_23105738.jpg
c0143347_23110299.jpg
入口で理由を聞いたところ

・松ヶ岡開墾場が日本遺産になった。
・建物は市から借りている。
・立ち退きを命じられた。
・移転先とかは考えていない。

うーん、経過は知りませんが、それまでは「借りて下さいよ」だったと思いますが、日本
遺産になったとたん、手のひら返して「日本遺産にそぐわないから、出て行って。」
になったかどーかは知りませんが、そんな空気も感じた。
c0143347_23112822.jpg
映画資料館は、この場に相応しい内容である。
と思うんですけどね。
是非、移転先を探して再開して欲しいものです。
c0143347_23115566.jpg
c0143347_23120181.jpg
c0143347_23120688.jpg
で第2日目の宿は「スーパーホテル山形・鶴岡」。
c0143347_23125297.jpg
こちらもコンビニは即隣で、歩いて1分。
「スーパー・ホテル」は鹿島でも使いましたが、ここもコンビニの敷地内みたいなもの。

コンビニが近くは、これからのビジネス・ホテルの立地条件の一つ。なのか。
「スーパーホテル山形・鶴岡」はオープンしてからまだ半年(2018年10月12日)。
よってカーナビにも出てこない。

がぁ、住所入力すればすんなり到着出来ました。
まわりにデカイ建物もないし。
遠くからでも「SUPER HOTEL」の屋上ロゴは見えますし。

今回の旅は3泊4日。
なので、ここで洗濯。

「スーパーホテル山形・鶴岡」は洗濯は200円必要です。
しかし洗剤は無料ですし、乾燥機も無料。
c0143347_23124039.jpg
ありがたい

しかも、天然温泉。
朝食付きで2名で 11000 円なら、お安いです。

鶴岡にも「ルートイン」はあったのですが、こっちのホテルが1500円、安かった。


# by mitsuonesuke | 2019-05-17 12:59 | 旅行記:東北2019 | Trackback | Comments(2)

旅行記:東北2019(8)

東北2019の第2日目。
c0143347_20191686.jpg
秋田の矢島を出て、いったん由利本庄まで山を下りて、そこから高速と一般道を使用して
山形の鶴岡に向かいます。

使ったのは日本海東北自動車道路を本荘から象潟の無料区間。
象潟の終点では、先に工事中のトンネルが見えたので、象潟から坂田。
その先、鶴岡西から新潟の荒川胎内まで全通すれば、日本海側を縦断出来て、移動時間も
短縮されるのでしょうが、ここは冬はチェーン規制区間になるだろうし、関東南部の人間
にとっては冬は無理区間。

雪が近づくとカーショップに長蛇の列ができますからね。
チェーンを自分で装着出来ないヤツは来てはダメ。
→自分も数年、いや数十年やっていない。

途中、立ち寄った道の駅「鳥海」。
東に鳥海山が見えまして、5月だというのに、鳥海山の山頂は雪。
まぁ、去年は「雪の大谷」に行って 17 mの雪壁。
白樺湖経由して仲田師匠宅に行った時も、山頂では 160cm の雪ありましけどね。
c0143347_22563200.jpg
c0143347_22564012.jpg
到着したのは鶴岡にある「庄内映画村(株) 資料館」。
元は旧庄内藩士が鍬を手に持ち開墾した「松ヶ岡開墾場」の建物を利用した映画資料館。
c0143347_22571037.jpg
c0143347_22571746.jpg
ここで撮影支援された作品は

・おしん
・おくりびと
・十三人の刺客(2010年)
・超高速! 参勤交代
・るろうに剣心 京都大火編

などなど。
c0143347_22575998.jpg
c0143347_22575044.jpg
うーん、安土といい、3月の太秦映画村といいい、なんか撮影地巡りをしている感がある。

# by mitsuonesuke | 2019-05-16 12:55 | 旅行記:東北2019 | Trackback | Comments(2)